ビーワンとは?

ビーワンとは、一言でいえば

 

  浄化 


  ビーワンの基本成分は

 

水 ・ サンゴ ・ 光 


ビーワン水 = 体内の水と融合して、尿として浄化。


 化石サンゴ = サンゴの孔(無数の穴)に閉じ込めて、便として浄化。


トリニティー (生体融合型光触媒) =有毒化学物質を、光によって分解・除去。

 

体内に溜まった毒素を、外に追い出すと、

からだは、本来の健康を保とうと、

バランスが整ってきます。

ビーワンはそのお手伝いです。


毒素を溜め込んだままでは、

薬やサプリメントも効果を発揮できません。

また多量すると

それらが毒素となる場合もあります。

気をつけているつもりでも、毒素の溜まりやすい現代生活

不健康になる前に、

浄化の習慣をつけていると安心です。

 

不思議なことに、ビーワンの浄化効果は、

人だけで終わらない。

人が流した排水が、

川を浄化し、海を浄化していきます

 

沖縄久米島の島民が、ビーワン使用者として、1割を超えました。

その時

スーパーミラクル現象が起きました!

2010年5月久米島沿岸水深約30m付近
2010年5月久米島沿岸水深約30m付近

 

       サンゴ大群衆発見!!


久米島近海 (生活排水の流れに沿って)に 

サンゴの大群集が現れました。


近年、温暖化・水質悪化により、各地で

( サンゴの白化現象 )が、起こるなかで、

きわめて稀な出来事だそうです。

世界中の海洋学者が調査中です。

  ◎ これらの事柄は、あくまで私が考えるビーワンです。

    現在の科学・医学的根拠はありません

    ただ結果があるだけです。

    近い将来、人類の進歩とともに証明される時が来るでしょう。